スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

顔の上のチヨスケ

神戸旅行のブログを書くつもりだったのですが、

ちょっと前から、うちのだんなさんが、

「最近、昼寝をしていると、チヨスケがまぶたのくぼみに収まって寝るようになった。

右目を開けると真っ白なもわもわで、左目を開けると赤いクチバシが見える。

起きると顔がフンだらけだから困ったもんだ。」

という、被害報告の形をした自慢をしていたので、

半信半疑で、というか、半信半嫉妬(-_-)で、

「えー、純日本顔だからくぼみなんてほとんどないじゃん!ほんとにー?」と言っていたのですが、

この前それに近い写真を撮ることに成功しました。まぶたの上にはいませんが、

これです

顔の上のチヨスケ


う゛らやまじい

いやいや、うらやましがってる場合じゃなく、人の顔の上で寝ないようにさせた方がいいのでしょうか
スポンサーサイト

テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

神戸旅行に行ってきました♪番外編(ぴよりんについて)

旅行の時、エクリュさんにささやかに持って行ったお土産の「ぴよりんショコラ」の評判が良さそうなので、

鳥好き名古屋人としては嬉しくて、ちょっとぴよりんについて書きたいと思います

ぴよりんは、そもそもヒヨコ(ニワトリ?)の形をしたプリンです。

名古屋コーチンのプリンを、ババロアやスポンジで包んだものです。こんなの

DSCN1640.jpg

これは、ちょっと形が崩れてしまった状態です(>_<)

ほんとはもっと可愛いです。

鳥好きさんならきっと喜んで頂けるだろうと思い、一度お土産の予行演習で自分用に買って持ち歩いてみたのですが・・・

他の買い物をしつつ持ち歩いて、家に帰って箱を開けると、

クチバシはプリンにめり込んでるわ、目は一つ取れてるわ、悲惨な状態に

えいえいと応急処置をして撮った写真がこの状態です

今見ると、もっと悲惨な部分に気をとられて気付かなかったけど、トサカも曲がっているかも。

これは、遠方の、歩き回った後のお土産には向かないわ・・・と、残念ながらぴよりんの形のチョコの方を選んだのでした。

他にサブレもあるんですけど、やっぱり日持ちもするし、持ち歩きやすいので人気があって、

売り切れてて買えませんでした

だけどぴよりんは、ケーキの箱の中でいくつか並んで入っていると、

それはそれは可愛くて、テンションがあがります

食べてるときはちょっとグロ映像になってしまうんですが、お土産として喜ばれるのでオススメです♪

写真はノーマルですが、季節ごとに苺味など特別バージョンが売り出されます。

名古屋駅の、2箇所のお店でしか買えないので、まだ知る人ぞ知るという感じかもしれませんが、

ぜひ名古屋にいらっしゃった際には、ぜひ食べてみてくださーい

ぴよりんショコラの写真は、エクリュさんがブログにあげてくださってます♪

テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

神戸旅行に行ってきました♪その1(長文です)

先日、母と二人で神戸旅行に行ってきました!

きっかけは、飼い主はとりあたまのエクリュさんと、続・ふ~みん劇場のふ~みんままさんのブログで、

鳥づくしの遠足の記事を読んだから

神戸花鳥園 → とりみカフェ・ぽこの森に、鳥友さん同士で行くなんてなんて素敵♪と憧れていたのです。

たまたま神戸のホテルが安く泊まれるクーポンを入手したこともあり、

無事に実現することが出来ました。

仕事が休めなかったので、一泊で次の日の仕事に間に合うように帰ってくるという強行軍

時間的に神戸花鳥園は諦めました

朝イチで名古屋を高速バスで出発!昼過ぎに神戸に着きました。

お昼ごはんは元町で買い食い三昧

老祥記
森谷のコロッケ
モンプリュ

栄町通の雑貨屋さん巡りをしたあと、

神戸ポートタワーへ。

目の前に今回泊まったホテル、ホテルオークラ神戸がありました。

泊まったホテル

チェックインを済ませ、母を部屋に置いた後、本日のメインイベント!

とりみカフェ・ぽこの森さんへ!

しかもなんと、ブログを見て憧れたご当人の、エクリュさんとご一緒できることになったのです

他のお二人ふ~みんままさんやkiro'smamaさんはご都合があわず、残念ながらお会いすることが出来なかったのですが、

まさかエクリュさんにお会いできるなんて♪計画したときには想像もしていませんでした

待ち合わせはお互いに顔が分からないのでドキドキでした

現われたエクリュさんは、私のイメージとはちょっと違って、女性らしくて、瞳がきらきらとして素敵なおしゃれな方でした

(D.I.Yとかがお得意で、ひょいひょい大工仕事をされるイメージだったので、もっと男っぽい方を想像していたのです。)

一緒にぽこの森へ。

ぽこの森

可愛い鳥たちと、可愛くて美味しいスイーツ。

そして文鳥の話や作品作りの話など、あっという間に時間が過ぎました

途中からはオーナーのうめちひさんや、作品を納品にたまたまいらしていた作家さんのTOMOさんも一緒に、

話に花が咲き、とうとう閉店時間をすぎるまで長居してしまいました

エクリュさんやうめちひさん、TOMOさんも私にとっては作品作りの先輩やプロの方々なので、

自分の作品はこうしたらいいんじゃないかとか。次はこういうものを作ってみたら?など数々のためになるお話が出来、

チヨスケ的にもほんとうに有意義な時間でした。

ぽこの森さんは、私が惨敗した(ほとんど作品が売れなかった)イベントのコトリまうんてんの主催者さんなので、

実は少し苦手意識というか、名前を言っても分かってもらえるかな?駄目な作家だと思われてるかも。といった被害妄想的な気持ちがあり、

自分がチヨスケだということをお話しするか、ちょっと迷っていたのですが、

エクリュさんの後押しもあり、思い切って話しかけてみて、

アドバイスを頂いたり、お世話になったお礼も言うことが出来たので本当によかったです

いち鳥ファンとしてたくさん可愛い物をゲットしてきたり、エクリュさんには素敵なお土産を頂いたりしたのですが、

ずいぶんと長いブログになってしまったので戦利品報告は、神戸旅行その2で書きたいと思います。

エクリュさん、お付き合いしてくださってありがとうございました~

テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

威嚇ペンケース完成しました!

更新ごぶさたしています(>_<)

神戸旅行から帰ってきました!

楽しかった~

まだ写真の整理が出来ていないので、先に威嚇ペンケース(命名マサキチさん)のことから

まず一つ縫い上がりました。

こんな感じです

DSCN1689.jpg


ギュルルーのチヨスケ代表だみ声バージョンと、

皆さんのアンケートのお答えで多かったキャルルーのバージョンと二つにしました

裏側はこんな感じです。

DSCN1690.jpg

すべての柄を捺し終わった後で、だんなさんから「自己主張が激しいね」と言われました

確かにこれではチヨスケが持ち主のペンケースみたい。。。

気付かなかったー 後の祭りです

革は、ピッチちゃんメガネケースと同じ革を使用しています。

ミンネでは「おこりんぼ白文鳥のペンケース」として販売する予定ですが、

威嚇ペンケースのほうがしっくりきますね

文鳥を知らない人には、文鳥がこんなに威嚇するって分からないでしょうね。

「文鳥は激怒した」っていう走れメロスをもじったコピペがありますが、

ほんとに、なんでこんなに怒りっぽいんでしょうね

最近のチヨスケのはげちらかした写真を撮ろうとして、

「文鳥は激怒した」写真が撮れましたので載せておきます。

DSCN1684.jpg

ほんとは矢印の位置にで撮るはずだったのに、シャッターを押した瞬間に移動して、

もう怒っていました

作業中の散らかった机が写っちゃったしー、もう

テーマ : ハンドメイド
ジャンル : 趣味・実用

文鳥飼いさんにちょっと質問

威嚇しているチヨスケをモデルにしたハンコの試作品が出来ました。

こんなのです。

DSCN1638.jpg

「怒りんぼ白文鳥のペンケース」になる予定です

そしてふと思ったのですが、みなさんのおうちの子たちは、どういう声でうなりますか?

前に他の文鳥さんの求愛ソングを聞いて、チヨスケとのあまりの違いにビックリした覚えがあるのですが、

チヨスケの歌は全部に濁点が付いた感じなのです。

チヨスケは特別だみ声?

私はチヨスケの威嚇する音しか知らないので、

「ギュルルー」にしましたが、

みなさんならどう表現されますか?

あ、せりふでもかまいません

問:下の写真の吹き出しに入る言葉を5文字程度で考えて下さい。

DSCN1636.jpg

お気軽に、お答えお待ちしています

テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

ガチャガチャ文鳥ズがうちに来た!

kiro'smamaさんとエクリュさんから、ガチャガチャ文鳥を送っていただきましたー

わーい、わーい! (←年甲斐もなく

ずっと探してたのに見つからず、しょんぼりしていたところに、

飼い主はとりあたまのエクリュさんのところで、kiro'smamaさんのガチャ文さんの里親募集(^^;)の書き込みを発見し、

大興奮して、お願いしてしまったのです

エクリュさんからも譲っていただき、計2羽

素敵なラッピングとお手紙&プレゼント付でおととい届きました

DSCN1627.jpg

2羽いただいたので、餅寝の方を尻を黒く塗ってチヨスケに、

立ち姿の方は、飼ってすぐに亡くしてしまった白文鳥のぽーちゃんと決めて可愛がることにしました。

DSCN1628.jpg

ぽーちゃんは、チヨスケとは違い、ヒナの頃から真っ白な美しい子でした。

まだ飼ってすぐで自発的には手に乗ってこず、

でもこのガチャ文さんのようにじっとこちらを見つめてくれるようになって、

もうすぐ手乗りになれると思った矢先に死んでしまいました。

ぽーちゃんを可愛がってあげられなかった分、チヨスケを可愛がるので見守っていてね。

ぽーちゃんを早く亡くしてしまったので、チヨスケは千代に八千代に長生きしてくれるようにと名付けました。

ぽーちゃんは真っ白だった分、繊細だったのかなと思い、

チヨスケは黒い羽がたくさん雑じっていて、決して美しくないヒナでしたが、

わんぱくでもいい、逞しく育って欲しい。。と。

今のチヨスケを選びました。

今では前から見たら白文鳥のふりができるくらいにはなったし、

この前はイケメンと言っていただけたし、よかったね、ちよちゃん

はっ。

話がずいぶんとそれてしまいましたが、

kiro'smamaさん、エクリュさん、本当にありがとうございました!

大切にしますね~

テーマ : 小鳥大好き
ジャンル : ペット

プロフィール

チヨスケ(butimayu)

Author:チヨスケ(butimayu)
・白文鳥チヨスケの飼い主
・革×ハンコの雑貨屋さんチヨスケの作り手
・だんなさんとチヨスケの3にん暮らし
・名古屋在住

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
チヨスケのおきゃくさま
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。